エステサロンとの違い

エステサロンとフェイシャルサロンの一番の違いは、フェイシャルエステ専門であるかどうか、という点になります。エステサロンはフェイシャルエステ以外にもボディーエステや痩身エステ、脱毛サービスなどの施術も一緒に受けられるのに対して、フェイシャルサロンではフェイシャルエステやお顔に関する施術しか取り扱っていません。その分、フェイシャルサロンではより質の高いエステサービスを提供しておりますので、それぞれ一長一短と言ったところでしょうか。

フェイシャルエステの施術内容は血行促進とリンパの流れを良くするマッサージや、お肌に溜まった角質を除去するピーリング、シミやくすみを解消する効果が期待できるホワイトニング、そしてお肌にうるおいを与えるパックなどがあり、どれも高い美肌効果が期待できる施術内容となります。フェイシャルサロンの場合は施術者が手で直接施術するハンドタイプが一般的ですが、エステサロンの場合には機械が用いられることもあります。

施術者となるエステティシャンに自信があるからこそフェイシャルサロンにしているというケースも考えられ、フェイシャルエステに特化しているこういった部分に差が出るからと言えるでしょう。これは逆に言えば、ボディーエステを受けたいのであれば、ボディーエステを専門としているサロンに行くことは、より高い効果が期待できることを意味しており、専門店の力は考慮した上でサロン選びを進めた方が良いと言えます。